日本で唯一国際認証を得ているカイロプラクティックDCプログラム

東京カレッジオブカイロプラクティック

03-3437-6907

受付時間:平日9:00~18:00 土日祝:休み

トップとしての責任

正規カイロプラクターと非正規カイロプラクターの違い

※1
非正規カイロプラクターとは、世界保健機関(WHO)が提示している「カイロプラクティック教育指針」に基づいた学校を卒業していない、マッサージ師、柔道整復師、整体師などを含む施術家で、カイロプラクティックを看板に掲げて標榜している人たちのことをいいます。
※2
タウンページ 日本カイロプラクターズ協会調査による

国民生活センターに届けられる非正規カイロプラクターによる施術被害

日本国内では、カイロプラクティックの資格制度が確立されていないため、教育の有無に関わらず誰もが自由に開業できる現状に起因して、種々の健康被害や公序良俗に反する事態が増加し、社会問題化が懸念されています。

国民生活センターに寄せられた、非正規カイロプラクティック従事者による怪我や被害の声が多数寄せられ、健康被害の予防に対し国も大きな関心を寄せ始めています。

日本カイロプラクティック登録機構がWHO基準カイロプラクターを把握

日本カイロプラクティック登録機構(Japan Chiropractic Registers)はカイロプラクターを登録する独立組織です。

JCR登録者は、世界保健機関ガイドラインに準拠した教育プログラムを終了、かつカイロプラクター登録試験(JCR登録試験)の合格者です。

カイロプラクター登録試験

カイロプラクター登録試験は、第三者試験評価期間である、国際カイロプラクティック試験委員会(IBCE)から提供された試験問題を使用しています。

JCR登録制度登録者名簿は厚生労働省へ提出

JCR登録者の名簿を一般公開、および厚生労働省や関係省庁へ提出することで、安全なカイロプラクターの指標を提示することを目的としています。

厚生労働省による適正なカイロプラクター登録制度が設置されるまで、JCRが代替的な役割を担います。

(右写真:厚生労働省へJCR登録者名簿を提出した時の写真)

登録者はJCR公式サイトで公開

JCR登録制度により、日本で営業するカイロプラクターの実情が明確になります。

登録者名簿は、厚生労働省へ提出するだけでなく、ホームページ上で公開されます。

本学の学生は卒業試験としてこの試験を受験し、合格するとJCRに登録することができます。

東京カレッジオブカイロプラクティック:資料請求
東京カレッジオブカイロプラクティック:資料請求

学校案内・教育年報、最新号のカイロプラクティックニュース、募集要項、願書洋封筒、ガイドブック、学校紹介DVDが入っています。

  • トップとしての責任
  • 国際認証
  • スポーツトレーナー
  • 学校説明会
電話で予約・問い合わせはこちら
-