日本で唯一国際認証を得ているカイロプラクティックDCプログラム

03-3437-6907

受付時間:平日9:00~18:00 土日祝:休み

金地 敏江


金地 敏江

プロフィール

福岡大学附属若葉高等学校 ダンス部出身

ダンス三昧の高校時代とカイロとの出会い

 私は高校のときダンスをしていました。初心者だった私は体が硬く、1年生の時に肉離れを何度も起こしてしまい、一時期病院に通っていました。
しかし、病院でする治療は、冷やすと塗り薬、痛み止めを処方されただけだったので、自分でもっといい治療方法やストレッチ方法を知りたいと思い、
最初は柔道整復師を目指していました。

2年生の時に後輩の保護者の方がカイロプラクターの方で、毎週水曜日と日曜日は私達のためにトレーナーとして武道場まで足を運んでくれ、治療をしてくださいました。私は1年生の時から腰痛に悩まされていて、整骨院に週1で通っていたのですが一向に良くなる気配がなく、カイロプラクターの方に治療していただいたところ、腰痛がすっかりなくなって踊りやすくて、感動しどうやったらカイロプラクターになれるのか聞いたのがきっかけでした。

TCCを選んだ理由

カイロプラクティックの学校は色々なところにあります。しかしその中でなぜ私がTCCを選んだかというと、世界保健機構(WHO)に認められて他のところとは違う4年生という事です。4年間の勉学で基礎と実技をしっかり自分のものにできるのはここしかないと思いTCCへの入学を決めました。

入学してからは、高卒で福岡から一人で出て来た私に、同級生が沢山支えてくれました。
同じ年の人は14人中4人で、年齢層はバラバラでしたが、悩んでいるときは話を聞いてくれたり、優しく声をかけてくれたりして、
苦しいこともつらいこともクラスの皆で乗り超えてきました。毎日皆と一緒に話したり過ごすのがとても楽しいです。

大変だったことは、勉学とバイトとの両立と、実技で行き詰った時です。
ただ実技で行き詰ったときは優しい先生方や先輩方に質問すると優しく教えてくれたり、コツを教えてくれるので大丈夫です!!

将来の夢

私は将来、地元の福岡に帰り開業をして自分の治療院を持ち、私をここまで育ててくれた両親や私が現役の時に来てくださっていたトレーナーさんの後を継いで、現役の後輩の子たちを治療して、若葉ダンス部に少しでも恩返しができたらなと思います。

また、恩師の先生も私が現役のころから体調があまり良くなかったので、先生の治療もしたいなと考えています。
そのためにも今のうちに基礎をしっかり頭の中に叩き込んで、知識を自分のものにして、治療だけでなく身体の動かし方や、ストレッチ方法、テーピングなど、後輩たち自身でケアしつつ私が治療して、ダンスのパフォーマンス力が上がるようにサポートできるようにしっかり頑張りたいと思います。
また、スポーツカイロやWCCSというサークルに入っており、先輩方との交流やスポーツ経験のある方の話、勉強会やボランティア参加などいろいろなイベントがたくさんあり、学ぶ機会もたくさんあります。
スポーツカイロはスポーツをやっていないと入れないとかはないので、将来スポーツ関係のサポートにつきたいと思う方、興味ある方は是非!!!

カイロプラクティックSEN(石川県) 千田英昭

プロフィール

開業前は中日ドラゴンズ一軍沖縄春季キャンプに帯同。開業してからは石川県陸上競技連盟専属カイロプラクターとして、石川県の陸上界で中心に活動し、国体・都道府県駅伝に帯同。
また、日本陸上競技連盟のA級トレーナーとして、東京マラソン・日本選手権帯同など、スポーツ界中心に活躍されています。

スポーツアスリートから絶大な信頼を寄せられる卒業生

 世界中のアスリートは積極的にカイロプラクティックを自己メンテナンスやパフォーマンス向上に取り入れています。
 石川県代表のトップアスリートたちのケアを担当する専属カイロプラクターとして活躍されているのが、千田英昭先生(第1期卒業)。自己ベストや好成績を目指す選手からオリンピック選手に至るまで多くのアスリートに最高のパフォーマンスを発揮できるようケアされています。また現場ではケガを防ぎ、疲労を翌日の競技に持ち越さないよう、選手のクセや精神状態、体の調子などを監督と相談しながら、最高の状態で競技ができるよう一人ひとりに向き合っています。
 これまで、中日ドラゴンズの合宿に帯同したり、石川県陸上競技連盟の専属カイロプラクターとして多くのトップアスリートを手掛けられています。
 選手の努力と才能はもちろんですが、千田先生がケアした選手が次々と大きな大会で記録を打ち出し、自己新記録、大会新記録を出しているという成果は、カイロプラクティックによるケアの賜物でしょう。
 2015年には、毎年の陸上競技会での実績や成果を認められ、日本陸上競技連盟A級トレーナーも取得。さらなる活躍が期待されます。

実績

名古屋~金沢270キロ 桜道ウルトラマラソン ボランティア活動

2000年~現在
(石川県高校総体陸上競技大会 トレーナー活動)
2002年・2003年・2005年
(プロ野球中日ドラゴンズ ・一軍沖縄春季キャンプにトレーナーとして同行)
2006年~
(石川県立珠洲実業高校・陸上部専属カイロプラクター)
2006年
(兵庫国体陸上競技・石川県選手団専属カイロプラクター)
2007年
(秋田国体陸上競技・石川県選手団専属カイロプラクター)
2008年
(大分国体陸上競技・石川県選手団専属カイロプラクター)
2008年~
(石川県立錦丘高校・陸上部専属カイロプラクター)
2009年
(新潟国体陸上競技・石川県選手団専属カイロプラクター)
2010年
(千葉国体陸上競技・石川県選手団専属カイロプラクター)
2011年~
(石川県立寺井高校・陸上部専属カイロプラクター)
2011年
(山口国体陸上競技・石川県選手団専属カイロプラクター)
2012年
(岐阜国体陸上競技・石川県選手団専属カイロプラクター)
2013年
(東京国体陸上競技・石川県選手団専属カイロプラクター)
2010年~2015年
(都道府県女子駅伝・石川県チーム帯同)
2014年~
(私立金沢高校・陸上部専属カイロプラクター)
2014年
(長崎国体陸上競技・石川県選手団専属カイロプラクター)
2015年
(東京マラソン2015・オフィシャルトレーナー)
2015年
(第99回日本陸上競技選手権大会・オフィシャルトレーナー)
2015年
(和歌山国体陸上競技・石川県選手団専属カイロプラクター)

粕谷 泰造


在校生の声

プロフィール

元プロサッカー選手
現トレーナー兼運動生理学士

プロトレーナーとしての経験から、もっと深く知りたくなった

 高校を卒業してからずっと海外(米国・欧州諸国)でプロアスリートとして、またトレーナー(パフォーマンススペシャリスト)として活動し、学んできました。米国大学で総合的なスポーツ医学・教育学の学士を履修し、イギリスの大学院(修士)で運動生理学を勉強しながら、トレーニング&コンディショニングとサイエンス(科学的根拠)をベースにパフォーマンストレーナーとしてプロのサッカーチームを約3シーズン見させてもらい、またイギリス人の将来のオリンピアンを育てるお手伝いをしてきました。
 一アスリートとして、一トレーナーとして高い意識で励んできたものの、毎日のケアや試合に合わせたコンディショニング(パフォーマンス)作りの中でもっと個々の“根底にある潜在能力”を障害なく最大限に高めたい、より一層細かくアスリートの体(神経系と筋骨格系にアプローチ)を知ってサポートしていきたいと感じ、医療器具を使わずとも「言葉(コミュニケーション)と手」だけでできるアスリートに合った最良の知識と技術を模索する中で、カイロプラクティックの倫理観とアプローチの仕方が考えうる一番自分に最適だと思いに至りました。
 日本のカイロプラクティックは2020年の東京オリンピックまでに、またその日を大きな機転にし、これからの日本のスポーツ界でなくてはならない存在になるよう努力していかなければなりません。又、個人的にはこの国際基準のカイロの「教育・技術・哲学」と今まで培ってきたトレーニング方法をどう合致させ、自分が理想としているアスリートの体を最大限に、かつ最適に発揮させるようにしていくことを楽しみにしてます。

ヘルシーライフセントラル(静岡) 院長 臼田 純子


ヘルシーライフセントラル(静岡) 院長 臼田 純子

小児カイロを極めた日本初の第一人者

 卒業後に英語の勉強のため渡豪した際、TCCの先生方のご紹介で小児カイロプラクティックのパイオニアである恩師に出会いました。小児カイロの臨床の様子を一度見てみたいと思っていましたが、実際に見学してみてますます興味が湧き学びたいという思いが高まりました。その後は小児カイロプラクティックの認定コースを修了し、イギリスの大学院で小児カイロプラクティックを専攻しています。小児カイロを学ぶほどに、乳幼児期にカイロプラクティックケアを受けるとどれほど子どもさんの生活が将来が明るくなるだろうと思います。大学院卒業後は小児を中心に臨床し、日本における小児のカイロプラクティックケアの普及のために力を注いでいきたいです。

クリニック紹介

院名:ヘルシーライフセントラル
住所:〒420-0801 静岡県静岡市葵区東千代田2丁目10−26
電話:054-374-5772

アクティブエイジング・カイロプラクティック 共同代表 和田 勝義


アクティブエイジング・カイロプラクティック (共同代表) 和田 勝義

卒業後日本で3人しかいない機能神経学専門家に

 カイロプラクティックには専門性を磨くため、卒業後西洋医学と同様に臨床ではレジデントやフェロー過程、研究では修士、博士課程という道があります。僕は卒業後、機能神経学専門医過程に進みました。
 カイロ治療は一般的にバイオメカニクスを改善し、抹消から中枢神経系へと刺激が伝わり、神経生理機能に変化をもたらします。機能神経学というのは、従来のアプローチ法に加え、直接的に中枢神経系にアプローチし、より特定的に脳の領域に影響を与える治療法です。従来のカイロや西洋医学的手法では改善のみられなかった症例に効果が現れており、メディカルイノベーションの一分野として非常に注目を集めています。専門家になるためのレジデント過程は約2年、フェロー過程は約1年のコースが複数用意されています。この斬新な考え方、治療法に感銘を受けた先生は多く、僕も例外なくその効果に驚愕しました。脳神経系は直接触れる組織ではなく、やや複雑な構造と機能のため、理解するのにとても苦労しましたが、今まで以上に臨床の幅が広がり多くの患者さんの助けになれることに喜びを感じています。

いとうカイロプラクティック 院長 伊東 貴雅


いとうカイロプラクティック(佐賀) 院長 伊東 貴雅

知恵と工夫で資本金ゼロ開業

 私は大学卒業と同時に佐賀市の起業サポートを利用し開業しました。開業資金というほどの資金も残っていなかったので、1ブースの賃料と水道・光熱費込み月額4万円で済みとても助かりました。顧客ゼロからのスタートで、当初は1年かけて軌道に乗せる予定でしたが、予想以上に順調に進み4か月目にはサポートを離れ、自力で新規オープンしました。現在開業4年目を迎え、試行錯誤しながら一つずつ前進しています。都市部だけでなく地方でもTCCで学ぶような「きちんとしたカイロプラクティック」へのニーズが高まってきていることが追い風になっているのは確かです。
 TCCの優れた講師陣のご指導が今日の糧になっているのを日々実感しています。

リガーレ・カイロプラクティック新宿 院長 逸見 安希子


リガーレ・カイロプラクティック新宿:逸見 安希子

就職後、事業拡大に向け院長に抜擢

 2店舗目になる新宿店の構想段階から患者さんにとって、スタッフにとって良い環境作りのアイデアを提案させて頂きました。様々な症状を持った患者さんと出会う中で、健康とはそれぞれに合った環境や状態で精力的に活動ができる健やかな心と体作りだと思います。対処法は様々ですが根本的な改善を目指し、ずっと悩んでいた問題を早期に改善させることができるカイロプラクティックの良さをカイロプラクターの仲間たちと一緒に伝えていきたいと思います。個人的には女性としてできる心遣いやアドバイスをするように心がけています。女性特有の悩みを持った症状をお持ちの方も少なくないので女性カイロプラクターとして活躍できる場所は沢山あり貴重だと思います。自分自身も新しい挑戦をしながら、期待されるカイロプラクターでありたいと思います。

ウェルビースパイン 院長 加藤 克哉


ウェルビースパイン:加藤克哉

マンションの一室からスタート。今や2店舗経営

 カイロプラクティックと初めて出会ったのは、留学先のニュージーランドでした。当初、知人の付き合いで行った程度でしたが、その後、直接人の役に立てる仕事がしたいとの思いから、海外同様正規の形でカイロプラクティックを勉強しようと思い、TCCの前身のRMIT大学日本校への入学を決意しました。勉強は決して楽ではありませんでしたが、学校で得た知識や技術、実際の臨床実習での経験は、現在仕事をする上での基礎と自信になっています。卒後はすぐに当時住んでいた練馬で開業し今年で9年目になるのですが、患者さんやスタッフにも恵まれて、紹介による患者さんもだいぶ増えてきました。現在名古屋で仕事をしていますが、毎日多くの患者さんとの出会いの中で、日々成長させて頂いていると思います。ここに来れば楽になると思ってもらえるよう、これからも頑張ってきたいと思います。

エル・カイロプラクティック 院長 島谷 佳之


エルカイロプラクティック:島谷佳之

多くの卒業生を受け入れるまでに成長

 卒業してから今年でちょうど13年目を迎えました。2つのクリニックを経営し、TCCの卒業生である6名のスタッフを雇い入れ、院長として存在している今の自分の姿を13年前に想像していたでしょうか?答えは「No」です。色々な不安があったと思います。
 ただ、私の周りにはカイロプラクティックを愛している多くの人達がいてくれました。分からない所があると一緒に本を開いてくれる仲間がいて、できないテクニックがあると夜遅くまで指導してくれた先生達がいてくれました。大学時代の一番の財産は「カイロをとことん好きになれた事」です。私のクリニックに特別な力を持った人間はいません。ただ全員がカイロを愛しています。

岡本 嵩史


プロフィール

岡本 嵩史(おかもと たかし)
1983年広島生まれ。鹿児島大学を卒業。
通信機器関連のエンジニア職を辞し、本校に入学。

私は20期生として本校に入学しました。
しかし、当初は本校の見学会に訪れるものの、入学は断念していました。
やはり4年という長い年月、そして金銭的な負担など、懸けるものが大きすぎると考えたためです。

ですが、私の場合、卒業した先生方と話す機会に恵まれました。
出逢って間もない私にも、先生方は真摯に丁寧に話をして頂き、その中で先生の熱意とともに、豊富な知識、
感性に触れ、本校への興味が大きく強まりました。
また、私自身、人を診ることにおける喜びに気づかされる一方、基礎的な知識が不十分な状態で、人を診
ることの危うさを知る機会が重なり、基礎からじっくりと学びたいという意識が強まり、本校での学びを
決めました。
その時、既に4月の入学時期を終えていましたが、無理を承知して頂き、試験を受けることができました。
結果、無事合格して20期生の仲間入りをしたわけですが、振り返ってみると、いまもこれまでも、様々な
人に助けられながら、この学びの場に立っているのだということを、改めて痛感します。

そして現在、入学からまるまる2年が経とうとしています。
正直、懸けたものに見合ったような価値として、具体的にこれが得られた、と明言することは難しいのです
が、現時点において入学したことに後悔はありませんし、本当にこの学校に入って良かった、ということは
断言できます。
それは、着々と得られる知識、技術によるものもありますが、それ以上に、目に見えないような感性、哲学
といったものを未熟ながらも育み、学んでいると感じるからです。
この4年という長いスパンは、わたし自身においては、鹿児島での大学生活とも違い、社会人生活とも違い、
本校における、独特な時間の流れにいると思います。その中で、勉強しなきゃと焦ったり、働かなければ
と焦ったり、ふと、そもそも本当にしたいことは何だったのか立ち止まったり。どういった治療家になり、
患者さんとどう向き合いたいのか、どのように関わっていきたいのか、そのような事を考えていく貴重な
時間となっています。
残りの2年間、この期間の長さに慢心しないよう戒めながら知識、技術、感性、哲学を高めること。
そして、差し迫る厳しさを一度脇に置いた状態で、今の貴重な時間を味わい、深めること。
その両方を大切にしながら過ごしていきたいと考えています。

最後に、私と同じように入学を迷われている方に対して、
正直、私自身は、これこそが正解の道!なんてものはないと思っています。
環境はとても大事ですが、本気で学びたい方は、環境に頼らずとも成せるものがあると思います。
結局、優れた教育で教えられることはあっても、それを消化し、気づいていくことは自身にしかできない。
それでも学びを追及されたい方、また学びの中で自身の軸を築いていきたい方には、本校の環境は大きな力としてサポートを頂けるものでないかと思います。

電話で予約・問い合わせはこちら